製品情報

無音表示パネル

SD10

SD10a

希望小売価格
250,000円(税別)
関連リンク

catalog_no spec manual 

オーディオモニタSP-VM シリーズ、SP-PM シリーズと組み合わせて無音声を監視する無音表示パネルです。音声8 チャンネルのレベルを監視し、無音声をランプとブザーで警告します。GPI による無音監視の連動制御機能が追加されました。EIA 1RU ラックマウントサイズで、中継車への搭載や小型ラックへの実装が可能です。

 

特長

●無音レベルの閾値は-65,-60,-55,-50dBの4ステップから設定できます。
●無音検出時間は、3,6,9,12,15,18,21,24,27,30秒の10ステップから設定できます。
●監視する音声チャンネルは、1~8CHで自由に設定できます。
●無音検出時には、音声チャンネルボタンの赤点灯とブザー音で警告します。
●オーディオモニタと正常に接続しているときに、リンクランプが点灯します。
●GPIとの連動/非連動をフロントのスイッチで制御できます。
●GPIとの連動モードでは、音声チャンネルボタンを長押しすることにより、チャンネル毎にGPIと連動するかしないかを設定可能です。

 

  指定したチャンネルがGPI連動モードに設定されると、LEDがアンバー点灯し、GPI=ONで監視状態になるとLEDが緑点灯します。

  この状態から無音検出すると、赤点灯状態となり、ブザー音がなります。

  連動/監視状態で再度、音声チャンネルボタンを押すと監視状態及び連動モードが解除され、LEDは消灯状態となります。

  再び連動モードに設定する場合は音声チャンネルボタンを長押しが必要です。

 

 LED色による状態は以下の通りです。

LEDアンバー点灯 GPI連動モードCH
LED緑点灯 現在監視中のCH(エラーなし)
LED赤点灯 現在無音検出しているCH
LED赤点滅 無音検出後、正常に戻ったCH
LED消灯 未監視CH

 
●GPIとの連動モードで、監視状態からGPI=OFFにより監視状態解除になると、それまでのエラー状態も解除されます。

 

 

仕様

定格

動作環境

0 ℃ ~ 40 ℃  20 %  ~ 85 % (結露無きこと)

電源

AC 100 V~240V±10%  (AC90~264V)   50/60 Hz

消費電力

3 W

外形寸法

W482 × H44 × D150

質量

約2.2kg

 

この製品について問い合わせる

製品情報