製品情報

3G/HD-SDI ビデオタイマー・カウンター

新製品

VTC5102_catch

VTC5102

3G/HD-SDI

ビデオタイマー・カウンター

 

希望小売価格

495,000円(税抜価格450,000円)

関連リンク

catalogimg spec manual view_no

3G/HD-SDI ビデオタイマー・カウンター・モジュール

 

VTC5102_FR_202207

 

VTC5102はC5000モジュールシステムに搭載可能な3G-SDI/HD-SDI対応のビデオタイマー・カウンター・モジュールです。

RS-485、LTC、内部時計(NTP同期)、又はアンシラリータイムコードから時刻信号を受信し、日付、リアルタイム時刻、プリセットカウントタイマー又は、時差カウントタイマー、残時間によるカウントダウン、カウントアップをスーパー表示するモジュールです。

 

 

特長

・3G(レベルA/B)/HD-SDIに対応し、入力フォーマットをOLEDに表示します。
・残時間は接点信号でコントロール可能です。
・日付、リアルタイム時刻、プリセットカウントタイマー又は、時差カウントタイマー、残時間の表示が可能です。
・プリセットタイマーの初期値及び残時間値を8つまで登録可能です。
・日付、時刻、タイマー用と残時間用に2種類の文字が登録でき、登録した文字を4段階で拡大しスーパーできます。
2種類の文字はエッジ付きとなしが登録でき、どちらをスーパーするか選択できます。
・文字の登録は、専用Windowsアプリケーションで作成し、SDCARD経由でモジュールに設定します。
・表示位置は任意の位置に設定可能で、リアルタイムで変更可能です。
・時刻は、12時間制、又は24時間制~30時間制までの1時間刻みで設定可能です。
・文字スーパーにはプレートの付加が可能です。
・SDIのアンシラリーパケットは全て通過します。
・時刻用インターフェースは、RS-485、LTC入力、内部時計、アンシラリータイムコードから選択可能です。
・RS-422外部制御で残時間のセット/カウント開始、プリセットタイマーの START/STOPが可能です。
・プリセットタイマーカウントが指定時刻になったとき、接点出力をアサートすることが可能です。
・LTC OUT/RS-485 OUTより、時刻情報や残時間情報を出力することが可能です。
・複数のVTC5102を連携して動作させることが可能です(サイマルモード)
・サイマルモードでは、設定の異なる複数のモジュールの一括制御が可能です。
・複数のVTC5102を1台のリモートコントロールパネルRMT5001-VTC1で切り替えて操作することが可能です(マルチモード)
・リモートコントロールパネルRMT5001-VTC1を複数台カスケード接続し、制御設定することが可能です。
・パラメータの設定はリモートコントロールパネル、メニュー又は、SNMP、WEBより設定できます。
・SNMPに対応します。

 

 

ブロック図

 

 

 

仕様

SDI入力

対応フォーマット(映像)

3G-SDI   1080/ 59.94p,50p(レベルA/B)

HD-SDI   1080/ 59.94i,50i

コネクタ

BNCx1

入力レベル、インピーダンス

0.8 Vp-p  75 Ω

SDI出力

対応フォーマット(映像)

SDI入力と同じ

コネクタ

BNCx2

出力レベル、インピーダンス

0.8 Vp-p  75 Ω

LTC入力

コネクタ(DSK5102)

BNCx1

入力レベル、インピーダンス

0.5~5.0 Vp-p  1k Ω以上

LTC出力

 

コネクタ(DSK5102)

BNCx1

出力レベル、インピーダンス

2.0 Vp-p  50 Ω未満

リモート入出力

コネクタ

小型丸形コネクタ12ピンx1

RS-422/485入出力

コネクタ

小型丸形コネクタ12ピンx1

制御入力

コネクタ

BNCx1  *1

制御出力

コネクタ

BNCx1  *1

映像入出力遅延

SDI信号

HD:約2us, 3G:約1us

占有スロット数

2スロット

動作環境

0 ℃ ~ 40 ℃  20 %  ~ 85 % (結露無きこと)

電源

DC 12V

消費電力

T.B.D W

外形寸法

398.5 x 88 mm

オプション

RMT5001-VTC1

専用リモコン

質量

T.B.D. kg

*1:制御入出力の接続は、75Ω同軸ケーブルを使用してください。

 

 

オプション

リモート・コントローラ RMT5001-VTC1

 

RMT5001-VTC_catch

manual view

 

概略操作

各種詳細設定はFUNCTIONの選択スイッチで項目を選び、DISPに表示されたメニューに従い、SELボタンとCANSELボタンでメニュー設定操作を行います。

各種設定時刻はTIME/TIMERの時刻選択スイッチで、TIME,TIMER,REMAIN,DATEを選択し、時、分、秒、フレーム選択スイッチで、時間の桁を選択後、SELにて値を設定します。

HOLDボタンにて、スーパーしている時刻のみ表示をホールドすることができ、START/STOPボタンでカウントのスタート、ストップを行います。

SUPERのTIME, TIMER, REMAIN、 DATEボタンで時刻、プリセットカウントタイマー又は、時差カウントタイマー、残時間、日付のスーパーのオン、オフを行います。

この製品について問い合わせる

製品情報