製品情報

ラウドネスロガーアプリケーション

LDN-L30

LDN-L30

リアルタイムにグラフを監視
再計算機能
タイムコードでの計測に対応
イベントログ

希望小売価格
80,000円(税別)
関連リンク

 

catalog_no spec manual view_no

製品概要

LDN-L30は、LDN-M30シリーズで計算したラウドネス値及びトゥルーピーク値のログをPCに画面表示・保存するwindows対応アプリケーションです。 LDN-L30アプリケーションとLDN-M30シリーズは、ネットワークで接続します。

 

特長

●ラウドネスおよびトゥルーピークの計測データを受信し、リアルタイムでグラフ表示します。

●グラフ上で範囲指定することにより、平均ラウドネス値を再計算できます。

●タイムコードによりラウドネス計測のスタートとストップをコントロールできます。

 

LDN-L30_tc

●計測データをプロジェクトファイルまたはCSVファイルに保存できます。

●グラフ上で指定した範囲を上書き計測することができます。

●計測結果のレポートを簡単に作成・印刷することができます。

 

LDN-L30_sum

 

●ラウドネス値やトゥルーピークのワーニングやアラートをログ管理します。

 

LDN-L30_event

動作環境

OS Windows XP/ Windows7
CPU

Intel Core2Duo 2.4GHz以上、Intel Core i7 3.4GHz(推奨)

メモリ 1GB以上(最小)、2GB以上(推奨)

※推奨環境の条件を満たしている場合でも、別のアプリケーションが動作してCPUに負荷がかかっていたり、メモリを大量に消費しているとロギングに失敗することがあります。特に電源管理、Windows Updateの自動更新及びデフラグのスケジュールはオフにして使用することをお勧めします。また、長時間計測したデータを扱う場合、ファイルの読み込みや再計算処理に時間がかかるため、より高速なCPUの利用を推奨します。

 

この製品について問い合わせる

製品情報